レスレストン オーダー会 3日目

2019/02/10(日)

レスレストンの素晴らしさを叫び続けて何年になるでしょう
やっと国内いたるところでの展開の時を迎えつつあるようです
一部地域での取り扱いしかなかったシャツが皆様の近くに。。。
  
手間暇の掛け方は尋常ではない事を彼は語りません
私も部位の話しでシャツをお薦めする事はありません
  
自宅ラックに掛かる多くのシャツの中で自然と手に取るシャツ
それは体が覚えているからです
  
程よいユトリ量(好みで異なりますが)と
一人一人の体を一枚の紙に落し込む事から生まれます
  
生地が良いというのは大前提です
生地が良いから高いと売るスーツ屋では御座いません
  
手間と着心地と昨日発見した部位
この部位はシルエットにも着心地にも全く関係しません
  
もちろん 着れば隠れてしまう部位
多くの見えない部位において知る限り世界一丁です
  
何時も大袈裟に書きますが
 私にとって世界一美しいシャツです
  
99%以上の人にとっては無意味なその部位の一例です
前身の裏側の仕上げの綺麗な事!!
4C37D385-8B97-484F-80D3-27CD9B293B66
この作り方はしゃつを縫う人が見ればその手間が判ります
素人の私には ただただ 綺麗 とだけ見えます
33F28E35-530F-4692-B32B-C6F348120AD9

682D6E5F-917F-4A39-879F-E80F146143BF

エルメスとてこれは出来ない
否 知らないから出来ないだけでしょうが
  
 
久木元氏の哲学から辿り着いた二手間な仕上げは実に綺麗です
  
 
芯地の裁断方法と据付も決して見えない部位です
手間とコストUPから同じ技法は稀有と思います
  
袖口の見えない縫製手順であったりETC
それらすべてが「レスレストンの世界」です
  
当店ではボリイエッロもオーダー会が有ります
ナポリ好きはやはりボリエッロに落ち着きます
  
イタリアのエロさとは別世界のレスレストンは
10000人に一人のフリークな方がたの為のシャツです
  
そんなウダウダな哲学と技法で作る世界一
はい 生地も世界一(基準は嗜好で変わりますが)が
   
カルロリーバを2枚 イッタ御仁がいらっしゃいました
世間のスーツ2着分の相当します
  
生地を見つめ 触り 技法を知れば
不思議な物欲が生まれます。。。
  
勢いで進むも留まるも貴方次第です(笑)
  
残りは白が3枚 ブルーが2枚となりました
 
本日はいまや人気者久木元氏 次の仕事の為早めの撤収予定です
 
世界最古の織機でゆっくりと織られる至宝 
カルロリーバはボンファンティーよりも良いようです
  
他にもシクテス他名品の新作が豊富に御座います
240双糸なども御座います
  
エジプト綿のエントリープライスは@42000~
  
カルロリーバの価格は他店との兼ね合いで割愛します
************************
 
レスレストンの技術の存続も心配ですが
唖然! 日本の未来が心配です
  
世界中で最も低能が多い国
それは日本なのかもしれません
 
この説明を見てそう思った次第です・・・
E555C5A0-2F70-4EAF-8CD1-E990AA3D49BD

クレームでも入ったのでしょうか
真に受けてのクレーム対策なのでしょうか
それとも気遣いの心なのでしょうか
   
日本の未来はウオウウオウウオウ
蓋の締め方も教えなくては右往左往する人が増える・・
 
これでは100%さらに さらに 衰退しますね、、、

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
*
次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
CATEGORY
ARCHIVE
カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
ARCHIVE
新規会員登録
ログイン
カゴの中を見る
店舗情報
ミカ爺のブログ
ブランド一覧
ショッピングガイド
お問合せフォーム
082-542-6536

FOLLOW US