「国内生産」「職人」にこだわり、信頼性の高いパターンオーダーシューズ
現在、多くのブランドがコストの安い海外に生産拠点を移す中、当店では信頼性の高い製品作りのため敢えて
国内生産にこだわっております。
また、「Goodyear Welted(グッドイヤーウェルティッド)」という製法にこだわり、靴作りの本場である英国から
技術を学び、日本独自の審美眼を加えて200を超える工程を経て出来上がる靴。
こだわりの職人による、あなただけのオリジナルシューズが出来上がります。


1 裁断
2 縫製
3 つり込み
革は自然素材。原革それぞれに特性があり
ポイントはより立体的にまとめること。ステッチ
ラスト(靴型)に中底を仮止めし、縫製された
部位それぞれに方向性があります。
もデザインの一部。ひと針ひと針、こころを
アッパーをまとめていきます。履き心地を左右
革1枚1枚を丹念にチェックしパーツを型入し
込めて縫い上げます。
する重要な工程。手を添え緩みのないよう
切り出していきます。 ラストにフィットさせていきます。
4 スクイ縫い
5 出し縫い
6 コバ削り
つり込まれたれたアッパーと中底に立てたリブ 細革とソール(本底)を縫い上げます。 コバ(底のサイドエッジ)を高速回転する刃物
にウェルト(細革)を縫い付けていきます。 クッション材となるコルクとシャンクという背骨の で削りだします。定規はなく職人の勘がすべ
縫い目は表に出ないもののGoodyear製法 役割をはたす部材をしっかりサンドし、外観 てです。張り出させてボリュームを出したり、削
の根幹であり、この構造が、丈夫で安定感 にも大きく影響する工程です。 り込んで華奢にしあげたり、技が光ます。
抜群の履き心地を生むのです。
7 コテ掛け
8 仕上げ
削り出した革に熱ゴテをあてて面を作り、イン 工程中についた油や汚れを洗い落とし、クリ
クを塗り磨きあげる。底面のオーナメントもま ームをつけて磨きあげます。この後、敷革を
た、熱せられた様々なコテで飾られます。 貼り、紐を通して出来上がり。
最後に入念なチェックを受けます。




リペアについて
Goodyesrの特徴の一つは、細革(ウェルト)を縫っている為、中底に穴があかない限り
何度でもリペア(修理)出来る事です。せっかく最高の履き心地を手に入れた訳ですから
大切に愛用していただきたいと思います。
修理に関しては、support@rootweb.jpへご連絡ください。

すっかり穴のあいたお客様の靴。ラストを入れ
ソールを剥がし、次に細革(ウェルト)を取り
もう一度、細革を縫う所からやり直し、目安
直し、丁寧にヒールからばらしていきます。
外します。正直、初めから作るより手間のか
として3〜4回のオールソール(底の取替え)
かる作業です。
が十分可能です。