新レギュラーな襟型はセミワイドよりさらにヒタムキです

2016/12/25(日)

昨日のブログ、、、
行間が無く、、さらに読みにくく・・
スミマセンでした
&nbsp:というタグを入れ忘れでした
全ての行間に1つ
行を広げるなら2個3個
コピペ ぺペ ペペペ が必要で・・
しかしペペ とした後でモードをビジュアルで確認
再度テキストで書き加えてUP
すると ペペペが消えてる
、、、
エンジニアさん
なんとかしてッ
 
←見えませんがココに「ペ」があります

上のカキコに貼りなおすと
 
昨日のブログ、、、
 
行間が無く、、さらに読みにくく・・スミマセンでした
 
&nbsp:というタグを入れ忘れでした
 
全ての行間に1つ
行を広げるなら2個3個
コピペ ぺペ ペペペ が必要で・・
 
しかしペペ とした後でモードをビジュアルで確認
再度テキストで書き加えてUPすると
、、、
ペペペが消えてる・・・
、、、
エンジニアさん
なんとかしてッ
 
ペペペの時間が人生の一瞬ですから
 
 
さて連休最後はイヴ明けの日曜日
プレゼント等で賑わった売り場も今日は静か・・
 
残すところ3営業日です
パソコンからのブログも3回で終わります
 
もう少しかぁ。。ふぅ~。。と少し溜息が出ます。。
 
ネタは有る様で無し 無い様で無限に有るわけで・・
 
何でも有る は 何も無いが如く
 
 

そんな事を服に関しても思うこの頃です
 
 
シャツが届き始めましたので今日ネタにします
今日は再再度の襟ネタですみません
日々初めての方がいらっしゃるのでその方向けです
 
 
苦節?3年でタブカラーが一般化しました
インスタやTVでもCMで見かけます
 
なので次を仕込んでます 
って程でもないんですけど・・
 
当店のお客様は非常に柔軟で且つ鮮度を重視されます
 
タブカラーが市場に無い時でも作れば直ぐに着て頂けます
バンドカラーはいつの事だが忘れるほど昔ですよネ
 
 
タブカラーを作る時にピンホールも考えました

ピンが無いのでやめました
私が作るのは初回は半反です
ピンをまとめ買いする程作れません
ピンの必要のないタブにしたのが理由です
 
世は全ての襟が横向きの時代でした
世の中の人の襟が横なら私たちは下へ。。
襟先を下方向へ向けたシャツが着たかった
 
ただ単に下へ向けただけではツマラン
刺激が欲しいのでtabを付けたのです
そしてステッチを一工夫
襟先も一工夫
他では嫌がられる作りにしたのが
コレ(当blogが本日初の方向け画像です)

 
パッと見て判る方は達人です
3年前のこのレギュラーカラーはタブカラーと同じ襟です
img_4161
ラウンドは過去のパターンに在るので
襟先に半径2ミリの丸みを付けました
コレが難しんです(私は絵で指示シタダケっす)
後で聞けばコレは縫う人の手先次第なんです
型紙はありませんので仕上がりはバラバラです
左右で1ミリの違いがあっても不思議ではないのです
手づくり感のある襟先です
 
判り易い丸では私的にウザイので。。
ドヤ襟になるのは恥ずかしいのです
 
このステッチは2度縫いで作ります
その幅指定は3ミリ
コレも嫌がられます
5ミリなら2本針で一度に縫えますから
 
 
ドヤッ(笑)
 
 
タブカラーをお持ちでない方へ
デザインがチト&チト違います ヨッ
 
 
タブの次はレギュラーカラーがお薦めです
 
 
この襟型ですッ

この襟型ですッ
img_4158
 
こちらは勝手に名付けて
OSSAN
 
昔のダサイオッサンが着ていたであろう襟型のツモリです
 
オシャレをしているように見えないのが売りなんです
 
 
コレでネクタイをすると仕事ができる
 
ハズ
 
保証はありませんが。。
 
 
オシャレな服を沢山売っている店が売れないらしいんです
 
なのでROOTWEBは脱オシャレなんです
 
 
ROOTWEBはダサイイを目指します
 
 
なので来年こそ売れない年になるかもしれません
 
 
後 2日ほど ホザキマス
 
 
仕事はひたむきに 襟は下向きに

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
*
次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
CATEGORY
ARCHIVE
カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
ARCHIVE