CPカンパニーが届きました

2016/09/02(金)

昨日の追加の話しの続きです
 
 
クルチアーニはドイツかオランダか
はたまたアメリカかの店に取られたようです
残念です、、、
 
 
もう一つの追加アイテム ダウンベスト
ムーレルのダウンベストが在りました
ほんの少しですが日本在庫がありました
全4枚でしたので全て頂きました
追加したので10月まではイケソです
・・11月に在ったらショックですけど
 
 
さて今日はCPカンパニーです
 
 
CPカンパニーはおじ様方の記憶です
40年以上前に生まれたブランドCP
現代のカジュアルウエアーの元は全てCP
このように言われる程のブランドです
 
 
それはその創始者と弟子の創意故です
 
 
御興味ある方は是非ググッてください
 
 
故マッシモオスティーの愛弟子
ポールハーベイとプンジェッティーのタッグ
最強のコンビが創り出す現CPカンパニー
 
 
歴史に培われた限りない記憶の持ち主の二人
彼らが創る服はイビツなものが無いのです
見分の少ない素人デザイナーとは違います
 
 
素材と歴史への造詣は群を抜いています
デザイナーであり研究者でもある彼ら
その一旦は過去ブログで
http://rootwebblog.jugem.jp/?eid=5050
彼らに敵う者無でしょうネ
 
 
素材開発と加工技術を開発をするポール
 
 
最も有名になった素材というと日本製素材
日本の小松精錬との共同開発で完成した素材
 
 
5,6年前ですかTEN-Cで初お披露目?
その独特な風合いは今までにない風合いです
表面はヌメリが有りゴワっとして独特
丈夫を超えて屈強とも言える感覚を覚えます
 
 
その素材だけを使ったパーマネントな服
20年先でも埋もれないコレクション
 
 
それがTEN-C
 
 
ポールハーベイ自身のコレクション
TEN-Cも9月には入荷します
 
 
現代の服の大半の加工技術は
故マッシモオスティーの遺産と言って良い
 
 
それは共に携わったポールに継承され
今に息づきます進化し続けます
 
 
前置きが長くすみません
ではこの秋冬の琴線上のCPです
 
 
CPはボリューム&ロングからコンパクトへ
そんな消費者のマインドを反映しています
気軽に着れる服が本当はいいんじゃないか
そんなに頑張らなくったっていいんじゃない
そんな気分を感じるアイテムが琴線にタッチ
 
 
その中でも厳選した2モデルのご紹介です
凝った加工等はありません
傾向はクリーンな方向ですから
 
 
的確に時代を読んで創るポールの作品
この秋冬作品から厳選した2モデルはコレ
フード 身頃 袖が3素材の組み合わせ
image

image

image

image
現傾向はコンパクトが好評なこの秋冬
革物の半額でデザイナーの作品です
@73500
 
 
もひとつお手軽な普段着
ヤスクネ ヨクネなCPの代表かも
こちらも3素材の組み合わせ
image
@69000
image

image
@69000 これでダウンジャケット!!
image
エルボーは編地の変化で!
 
 
CPカンパニーは本日UP予定です
 
 
叩いてください↴ タップしてください

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
*
次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
CATEGORY
ARCHIVE
カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
ARCHIVE