TITO ALLEGRTTOのスーツが生まれ変わりました SUITも放映開始

2018/10/09(火)

**バルスターの価格で訂正とお詫び**
先日入荷したバルスターの定価は@149000でした
ブログでは5000程安く書いていました事
心よりおわび申し上げます

 
 
今朝は2019年春夏の生地を発注しました
 E8EF657A-165C-4762-AAAF-B141EEF486C4

857E9A77-3197-41CD-8C2F-D9F10C5EFB75
 
男のスーツ姿程良い物はありません
。。と書きながらヤコブにネクタイですけど・・
 
 

アマゾンプライム等で見た人には物足りないかもしれませんが
 
 
海外で人気だった番組のリメイク
題名も同じ SUIT  
 
見られました?
 
私は昨晩 20分程度ですが見ました
本家との違いはスーツのデザイン
 
アメリカの主役弁護士はいつも
 シングルピークラペルのスーツでした
 
ソンナコタードウデンよか
 
ですよね
 
ゴールデンな時間に 「スーツ」です
 
服飾業界にとっては非常に良い番組ですね
 
織田裕二がビシっと着ている姿
 いいですね
 
シャツの襟も ちゃんと 下を向いていました
タブカラーも今や鮮度は無いですね
 
並みに下を向いた襟が今後の日本の定番でしょう
やっと来たか ですね
 
このブログを見て頂いている方の襟は以前から下向き?
 
流れが変わったから襟も変えなくては?
 
資金と趣味と拘りですので人それぞれですけど。。
 
 
(オーダーシャツの場合は同じ生地が有れば
 カフスと襟は取り換え可能です)
 
新たに作る時に今の話を記憶のどこかにあれば。。
 
 

織田裕二の背中には まだ ダーツがありました
ダーツが無くなるにはもう少し時間が掛かりそうです
 

 
「スーツ」が話題になる事は我々にとってイイコトで。。。
 
 

さて前置きが長くなりましたので本題は短い。。
 

 
 

TITO ALLEGRTTOのスーツが大きく変わりました
 
 

先ず一番に目を引くのはゴージのラインです
 
 
スーツにおいて特徴を出すのは至難の業です
 
 
世界中のスーツの顔は皆同じ様なものです
たまに「極端」が見受けられますがソレは愚
 
 
その襟で唯一無二のデザインがあります
アルフォンソシリカ
(11月30日からTITOと共にトランクショウです)
 
オーダーの世界でも彼が作り出したオリジナル
大袈裟に言えば 歴史に残る襟です
 
エルメスも青山も
アルマーニもはるやまも
キートンもゾゾスーツも
 
顔は皆同じような顔です  ね
 
 
 

アルフォンソシリカは
 
 渡辺謙風に大きな声で
   >>違うんでッす
 

 
ホボ全てのブランドが行き渡った今
そのブランドの特長は?
 
と聞かれれば
 
・・・ムムムムです
 
 

襟についているバッチが違う 値段が違う
 
 
 
ハッキリ言ってその程度でしょうか(笑)
 
私含めて多くの人がバッチが無ければ判らない・・
 
プロ的に見れば細かい部位の違いはありますが
 
 
 
スーツは一見しただけでは判り難いですね
 
10万のスーツも50万のスーツも顔は似たり寄ったりです
 
& nbsp;

出来ても襟幅を広くする程度のことです
等と書いたらパジーニに怒られる。。
 
 
 
 渡辺謙風に大きな声で
   >>でもシリカは違うんでッす

ではその違いをどうぞ
初めて見た時の感動は。。。
天才かと思いました
692D344D-3434-4931-88F5-B287E8F652BC
 
11月30日 ぜっひ どうぞ。。。
 
 
とは言え今日はTITOの話です
 
 
 
冨土原さん(ティトとシリカのインポーター) やっちゃいました。。。
 
コレはTITOの襟です
届いた時にマジびっくりしました
シリカ襟 ヤッテルやんですヨ
 
価格はアルフォンソシリカの半額です
181074CD-2B29-4FEB-8881-2E0F132A47CA
 
 
 
部位パクリは今のバルカポケットの時を思い出します
 
今や当店のセカンドラインでもOPで可能ですしね
それは今や世界中でパクリマクリです
なので今やパクリとは言いませんね
 
 
でもこれもスーツの発展の歴史の一歩ですね
 
 
襟もその内 シリカ襟 として広まるかもしれません
その時冨土原氏はスーツの歴史に刻まれるやもしれません
 
 
 
いつの日か近い将来
>49800でナポリスーツを
>シリカ襟で貴方のスーツ 差を付けよう!!
なんて安売りスーツ屋が出てくるかも
 
 
 
このブログを見た誰かが動くやも
スーツ工場に>>こんな襟 できませんか
 
こうして日本のスーツも良くなって行くのでしょう
どんどんパクっていきましょう(笑)
 
 
 
しかしsuitの神髄は
  
 渡辺謙でお願いします
  >ディティールじゃないんです
 
  >着心地なんです
 
 
TITOのsuitは今回上がって来たものが最終形です
といっても毎シーズン3ミリ5ミリの修正がされますが
 
クレームにも負けず納期遅れにも負けず絶えて3年
やっと安心できるTITOとなりました
 
今回は肩廻りも大きく改善されています
 
これは試着するとすぐに判ります
驚く程ストレスが無くなりました
 
 
 
昨日は試着された方が>>軽い!!
 
実は生地はこの冬で一番重たいツイルにも関わらず
 
です
 
 
TITOのスーツが届いています
スーツ好きな貴方に一度着て戴きたいナポリです
 
 
 
オーダー会は11月30日から
 
TITOのオーダープライスは聞いてはいませんが
従来のナポリメイドからすれば価格破壊です
 
20万アンダーですのでとても魅力的です
他では無い 見て判るTITOのスーツ
 
レディメイドなら@147000でROOTWEBで買えます
 
 
 

その前の週 11月23日 24日 25日は同じくナポリのシャツ
BORRIELLOのトランクショウ開催です
大半の生地での仕上がり価格は4万を超えません
 
パターンオーダーですので手軽な価格となっております
 
 
イタリア大好き イイもの大好きな貴方へ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
*
次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
CATEGORY
ARCHIVE
カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
ARCHIVE
新規会員登録
ログイン
カゴの中を見る
店舗情報
ミカ爺のブログ
ブランド一覧
ショッピングガイド
お問合せフォーム
082-542-6536

FOLLOW US