ROOTWEBのビスポークスーツ:オーダースーツ

2018/04/14(土)

1円オークションに多数の美品が出品されています。
↑  ↑  ↑  ↑
パラブーツもラルディーニも1円から
*****************
世界的?にオーダースーツがブームの様です
 
先日の生地卸しの営業の言葉
>>筍のようです
 
雨後の筍 と言う意味ですね
 
異業種も参入して玉石混合状態です
 
もちろん 石が多いのが自然界の当たり前
 
 
人の世も当たり前にしか事はならぬワケで。。
 
 
でも。。
 
石も磨けば ?
 
 
決して玉 にはならないんですネぇ
 
艶のある石・・程度が限界です
 
石も磨けば・・・光る石止まり
 
 
次いでの諺・・
 
チリも積もれば  ?
 
答えは
 
 
ゴミの山・・
  
冗談はさておきビスポークは幅と奥行きが非常に広い世界です
 
特に奥行きは永遠の先に在るハズですが
故に決して到達できない空にも似た領域かとも
 
最近はそのようなことも感じます・・・
それがスーツの世界なのではないでしょうか
 
 
考えても考えても作っても着ても終わりなきスーツです
 
この4月はテキトウなスーツが爆発中です
その対極のハズバンズも好評に終えました
 
この様が今のスーツシーンと思います
 
この様をいち早く皆様にお知らせする事が使命かとも
 
 
クラシコとやらが紹介されて30年程度かと
風向きの変化を感じる方も増えてきたようです
 
様々な要因で生活も大きく変わった今のスーツとは
 
人それぞれの生活に即したスーツが答えなのでは
 
その答えを とは尊大かもしれませんが
答えに近いかもしれない提案をさせて頂きます
 
 
他では選択肢に無い創りと作りなどは当店の特長です
 
縫製は国内とイタリアのどちらかを選べます
素材はすべて正規ジャパン社から
ゼニア
ロロ・ピアーナ
ドーメル
スキャバル
ETCが揃います
 
これらの素材と縫製背景から貴方の最高のスーツが出来上がります
 
気になる価格は世間並に安い価格から70万までです
といっても70万は年にお一人かお二人程度ですが。。。
 
年間数度のイタリア出張と長い歴史に裏打ちされた
ROOTWEBのハウスオーダーはご存じ無い方はお試しを
 
着た時に肌が感じる驚きと
鏡を見た時に知る「美」は格別かと自負しております
 
幾分。。自信過剰ですが(笑)
 
 
知識の深さ
経験値の多さ
知見の広さ
次代提案の早さ
などなど などなど。。。
 
 
他店では知る事が出来ない「本物のナポリ」や「新しさ」
 
これらの他では経験できない楽しい事を
スーツ初心者から達人の方まで
幅広い方々に喜んで頂いております
 
 
再度ですが値段に関わるランクのご説明を
 
それはハウスオーダーとブランドでのパターンオーダーに分かれます
 
ハウスオーダーには
ファーストラインとセカンドラインがあります
これは手間と時間の掛け方の違いが現れます
 ファーストライン:本体価格90000~700000
 セカンドライン:本体価格50000~400000
 
もう二つのブランドによるオーダーがあります
 
ナポリのTITO ALLEGRETTO
 本体価格150000~
パリのHUSBANDSの二つです
 本体価格190000~
 
この二つのブランドのオーダーは年2回のトランクショーで可能です
 
共に既製品と変わらない価格設定です
(4月はハズバンズ 5月はティトアレグレット)
5月11日から3日間TITOが来ます
 
このような選択肢の多い店も少ないと思います
幅広い好みと予算に応じたスーツが出来ると言うわけです
 
 
今日 美スポークをネタにした訳
それは 取り扱い素材に新顔が登場したからです
 
先週から爆発中のパッカブルスーツですが
>こんなスーツがオーダーで出来たらいいのに!
との声をお客様から頂きましたので早速開始です
 
 
ストレッチナイロンのスーツ ジャケット パンツ
 
コレが受注可能になりました
 
4月10日より開始となっております
 
96558950-C79C-4907-A846-49B6AD59B289
06287C4C-B57F-4B9A-B6C6-E5B0400BA0BE
 
生地の特性です
5E5DD545-B794-4263-8FD5-51250A0DA78C
1)どの方向にも135%伸びる高いストレッチ性
2)洗濯機でザブザブ洗える
3)撥水性が高いので汚れもつきにくい
4)冷感なタッチが夏に最適
 
このイイコトばかりの生地で美スポークが始まりました
 
以下はセカンドラインでの値段です
セットアップで@73000
ジャケット単品は@50000
パンツ単品は@25000
 
ファーストラインですと
セットアップ@95000
ジャケット@68000
 
今の時代はこの様なテキトウなスーツも人気
その横で以下の写真のような極上モノも良く売れる時代です
FB75F9E2-EB20-4D81-B71D-68489BD89420
2018年春夏のドーメルでの最高の生地です
先週に売り切れましたがコレはゴイスーでした
 
英国物ですので単に細い繊維 ではなく 双糸
ここがドーメルの腕の見せ所
色も極細な双糸が織りなす艶と奥行きは最高でした
 
ゼニアの15ミルミル ロロのスーパー170’s等‥
テキトーな生地と超高級までと幅広いのも今の時代でしょうか
 
 
上を知る事で下が見えるのが道理です
 
スーツにおいてはなかなか上を見る機会が無いのでは
 
先ずは見て 着て 知ってくださいませ

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
*
次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
CATEGORY
ARCHIVE
カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
ARCHIVE
RECENT COMMENT