• Les Leston Trank Show
    2月11日(金)~ 13日(日)
    最高の素材と技を
    久しぶりに 大御所 久木元氏も交えての三日間
    ------------------------
    MOORER Trunk Show
    2月18日 19日 20日
    Special version
    ------------------------
    Bolero Trank Show
    3月12日 13日(仮日程)
    究極のフィットを知る
    ------------------------
    Paraboot Trank Show
    2022年 4月
    今年も国内最大規模で
    ------------------------
    cornelian taurus TRUNK SHOW
    2022年 5月
    IWANAGA氏のデザインに貴方の気持ちを重ねて下さい
    世界に一つの貴方のバッグをどうぞ

ルイジ・ビアンキ・マントヴァ トランクショウ16土 17日

2019/11/03(日)

https://rootweb-bespoke.jp/
↑↑  ↑↑  ↑↑
オーダースーツブログも更新しました
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
会社の歴史は評価そのものかとも思います
衣食住のビジネスの分野での老舗
今なお人気が続いている老舗
その歴史は100年越え
 
北イタリア
ルネサンスの聖地ではないかとも思うのですが
この辺りは詳しくは知りません
教科書で見たボッティチェリの春
フィレンツェの美術館で見たのできっと。。
 
真に正統派の文化に培われた地で100年越え
代々受け継がれた美意識とプライドを持つ人たち
彼らが100年以上見続けているスーツは如何なのでしょう
 
なんだか期待が高まりますが。。
少し大げさ。。かとも思いますけど。。
 
そして 土地柄 という点でも期待をしています
南を北の人は異国、、と冗談交じりに
とは言えナポリの良さは間違いなくありますけど
このあたり プライドの衝突を感じますね
 
ルイジ・ビアンキ・マントヴァはL.B.M.1911の
親会社ルビアム社のトップライン
高額であった元来のルイジ・ビアンキ・マントヴァの低価格ライン
コレが世界でウケて今に至る次第です
 
日本ほどオーダー専用工場が少ないEU
その中でルビアム社はオーダー専用ラインを開設
生産納期管理が南とは雲泥の差で(のハズ。。)
 
100年のプライドが縫い上げるスーツやジャケット
16日 17日はサンプルを着て頂いてのオーダーです
真に 是 か 非 か
貴方の目と肩で感じて頂ければと思っております
 
日本物とは明らかに違う匂い
その差は微々たれど永遠に超えれない差
何処がここがと判らない差が歴然と有る不思議
 
そんな事を思いながらのお気に入りを一緒に創りませんか
 
16日土曜日 17日日曜日の二日間
北イタリアのスーツを ジャケットをお試し下さいませ
 
納期は2か月
生地は秋冬 春夏共にございます
価格は10万台後半~20万台中心
 
高額ラインは50万超え他多様にお答えさせて頂きます
ロロ・ピアーナカシミア等は特にお薦めです
 
https://www.facebook.com/luigibianchimantova/

カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
新規会員登録
ログイン
カゴの中を見る
店舗情報
ミカ爺のブログ
ブランド一覧
ショッピングガイド
お問合せフォーム
082-542-6536

FOLLOW US