本日から Luigi Bianchi Mantova ルイジ・ビアンキ・マントヴァ トランクショウです

2019/11/16(土)

昨晩というより夕刻でしたが
!!寒ッぶッ
背中がゾクッっとする程でした
 
其の所為でしょうね
昨日は一気にアウター他が動いていました
 
やっと増税にも慣れたのでしょうか
人のうわさも何とやらと同じ?
真に 増税後45日。。
 
たまたまでしょうね
 
寒さで体は固くなりそうなこの頃
財布の紐が緩む週末かもしれませんね
 
コートやブルゾンでサイズの欠品が増えて来ました
いよいよ冬ッ そんな感じがやっとしてきました。。。
 
さて今日から
ルイジ・ビアンキ・マントヴァ トランクショウです
改めてマントヴァ市をwikiで見てみました
マントヴァ市と勝手に書いていましたが
マントヴァ県の県都でした
歴史は何と紀元前!に始まる地
水と緑と歴史 さらび芸術に今なお育まれる地
この地で貴方のスーツやジャケットは縫われます
 
今日と明日の二日間+月火でオーダー可能です
 
ハウスオーダーとどれ程に違うのか?
いわゆる世間一般的なオーダーのセカンドライン
 
目を瞑っても解る差
着心地と動きやすさですが
比すれば誰でもその肩廻りの具合は感じられます
 
次に目を開けてみる鏡に映る貴方のフォルムです
肩から腰のラインを見て頂くとシワの少なさがその差です
lbm
 
見た目は極端に変わる物は正直なところ・・有りません
階級社会に支持された彼らの服は下品な目立ち方を嫌いますから
歴史と環境はその地の人に確実に影響を与えます
それは目に見えないプライドとして人に根付いていきます
日本でも地域に因る人柄と言えばアルアルかと
南イタリアの明るさも良しです
悩ませる事もありますがそれを超える物もありますから
北イタリアの真面目さは安心感があります
・・届くまでは。。判りませんが(笑)
 
そんな事を思いながらの初日です
FE493D97-4335-411D-8A8C-A30C831032A5
 
お薦めモデルは2モデルです
ほんまもんクラシコ
1DEEA2A5-134A-4571-803C-4DF3329D861D
 
ハウスオーダーでも人気のシングルピーク
911F0E01-AB63-45C9-8FF9-1DFB63516668
 
生地とモデルが決まれば採寸を終えて裏地とボタン
裏のパイピングとステッチ糸も選びます
パンツにも選ぶ無料オプションがあります
無料オプションを忘れていました
パンツの腰裏もお選びいただけます
085D7C29-FED4-4474-BDAC-E359B5338CDC
あまり気にしない箇所ですね。。
へ~ ここも 。。ですかぁ。。。
 
5%還元もありますので本体価格は173850~
貴方のスーツがプライドに満ちた人たちの手で
縫われます
Viale Fiume 55,46100 Mantova Italy
北イタリア マントヴァ市
貴方のオーダーはこの建物内で縫われます

 
ビビエナ劇場 モーツアルトも
mantova2
https://www.hisour.com/ja/teatro-bibiena-via-accademia-italy-5284/
 
*東大法学部卒の先生の旅行記より無断転載しております*
詩人のトルクアート・タッソは「マントヴァは非常に美しい都市で、マントヴァを見るために1000マイル旅行するほど値打ちがある。」と、1586年に書いている。
 
だそうです
 
 
ググっていろいろと見ているとカキコを忘れてしまいました。。
 
mantova1

mantova3
 
この様な環境の中に工場が!!
日本では考えれられない素晴らしい環境です
 
 
この地の赤子は父母の顔の次に目にする光景がマントヴァの街並み
この環境で育まれた三つ子の魂
なんとなく創造が出来ませんか。。。
 
赤子の生育に自然はとても有効とか
幼少期を自然豊かな地で過ごせる恵まれたマントヴァの地です
 
画面で街並みを見ていると
この地で育つ人は
 
頑なに
 
と言う言葉も浮かびます
 
 
日本における若い人のコーデはこの地には似合いませんね
 
 
この地で生まれる服は 頑な です
 

 
では限定残り19着でございます(笑)
あッ。。。残り14着になりました
 

Luigi Bianchi Mantova ルイジ・ビアンキ・マントヴァ トランクショウ

2019/11/15(金)

Luigi Bianchi Mantova ルイジ・ビアンキ・マントヴァ
サンプルが届きました
EEB7EE5E-87B7-4F8F-AB90-D5BD207D1405
 
コレを見て感じる方
肩を見て感じる方 いらっしゃいますか
163E6682-7D00-4308-A5BA-F043301A62E6
着れば判ると思います
 
日本人の「肩」は
日本人の方の肩は。。
前に出た方が 肩が非常に多いです
業界ではこれを「前肩」と呼びます
しかし
日本で作られる多くの服はこれに意外と対応していません
前肩にパターンが創られていない物が多く見られます
創造ですがイタリア物は日本とは違い歴史も雲泥の差があります
靴もしかりで
見て真似て作られた日本靴より
数百年に渡り「革」で足元を包んでいた歴史
歴史は見ても真似は出来ませんのでその差なのでしょうね
歴史の中でコンマ1ミリづつ削りを変えた木型が有るのだと思います
或いは縫い方でテンションの掛け方の部位の違い等
習った事はありませんがそんな気がします
歩きやすい靴を創る志とセンスを同時に持つ強み
これは洋物は洋に軍配が上がりやすいと感じる理由なのでは
 
インポート物が高いにも関わらず日本で愛される理由
それはセンスと創り方の違いが僅かでも永遠に超えれない差があるからかと
 
ジャケットとスーツにおいても如何にストレスを少なく
そして綺麗に 品位良く創るかを思考して100年以上
ルイジ・ビアンキ・マントヴァの仕立てが身近になりました
明日からですが先程早速フライングゲット
51DA0414-7411-4824-8732-CD15D2677A7E
 
納期が1月末から2月と言う事で春用にこの中からお選び頂きました
@183000
6C3EE5C7-BDFD-40D5-918E-1FABFD2691A6
”four season 四季を通じて”
 
仕様はビスポークらしさのあるディティール
右内ポケットは「ポストポケット」が標準
1695BB2C-2BBB-4A1D-B057-CD0D946A7ABF
 
18950F81-55E3-4499-BA4D-E268D3811B20
ロロピアーナ@201000~@224000

 
ADEAC421-2D13-451C-82E3-223C4F72CB17
 
裏地はもちろんですがパイピングとステッチの色も遊べます
FE493D97-4335-411D-8A8C-A30C831032A5
 
 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
 
今朝は6度 !!
今朝はこの冬 初のアウターを着ての出勤でした
37372338-E175-4F4E-9638-8610D93F3850
ベルスタッフの革物にストーンウォッシュを施しました
(店頭のみの対応となります)
↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓

 
 
北国では大寒波到来のニュース
北も南もやっと冬の様です。。。
 
この週末は防寒物中心に街は賑わいそうですね
ネットも高額な品々 の動きが多くなっていました
 
まだ冬仕度をされていない方はこの週末こそ!!
全国の店が貴方をお待ちしていると思いますヨぉ~
******************
時間があればグーグルマップで
Viale Fiume 55,46100 Mantova Italy
北イタリア マントバ市
貴方のオーダーはこの建物内で縫われます

Luigi Bianchi Mantova ルイジ・ビアンキ・マントヴァ

2019/07/07(日)

昨日書いていたので本日は2本目です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人が想像できることは 必ず人が実現できる
ジュール・ガブリエル・ヴェルヌ 鹿島建設 TVCMから
 
私もその様に思って仕事をしてきましたが。。
 
未だ道半ばか入口か
 
毎朝その様な気持で書いております。。
  
身近なところでのお話です
 
 
夢膨らませた新婚の時代を経て
 
とある達人の方の実話
 
皮膚科にて
>爪水虫の治療で診察後の事
>>もう 菌は居ませんね
 
>良かったぁ
>娘に移ったらどうしよって思ってました
 
>>何故に 奥様に ではないんですか?
 
 
道半ばの人生は後半を過ぎて夢は いかに・・(笑)
 
そんな世間話をしながら夏と冬が進行しております
 
道半ばの道の駅 ROOTWEB でございます。。。
 
 
一昨日は欲しかったコートとジャケットが届きました
100年を超える歴史を持つブランド ルイジ・ビアンキ・マントヴァです
 
聞いた事が無いお方も多いでしょうね
数年前からチラホラと入っていたブランドです
 
愛読紙(読めませんが)イタリアのルオモヴォーグ紙では古参です
ラルディーニが有名になる前から良く見ていたブランドです
 
なにせ100年以上の歴史ですから。。。
 
CMイメージですと最も歴史があるブランドです
私的なヴォーグ紙の記憶ではアルマーニと同時期に見ました
 
かれこれ50年近くになると思います
イタリアでも技術は5指に入るのではないかと勝手に思っています
 
この会社のセカンドラインが皆様ご存知のL.B.M.1911
L B M は 略ですね。。
 
御手頃で人気のL.B.M.1911の生みの親です
1911ですので !!100年を超える歴史はゴイスかと
 
届いたのは薄目のベージュ系コート&ジャケット
冬のキャメルはお持ちの方も多いですね
 
キャメルではなく薄茶ではなく 白っぽいイメージが欲しいッ
そんな気持ちで探したらLBマントヴアに有りましたので
 
この薄いベージュが本当に。。他に無かった色目
これに カシミアニットっす。。。
82C8236D-7974-4575-82E4-22FB12F4C549

カシミア比率は10%と低いのですが織とウールのlevelが高いです
並みの30%カシミア混よりも上質感があります
DABA0FB9-F1ED-4D6D-996B-7DBB844767A0
 
ーーーー
 
この春夏の傾向ではテーラ―ド苦戦の話が多いです
当社も御多分に漏れず。。前半は苦戦でした・・
 

 
終わり良ければ。。。です
 
業界用語でいうところのロングテールで「しょうか」
 
まさに「消化」は皆様のお蔭様で消化(しょうか)
 
はい  間違いなく皆様のお蔭でございます
 
私の下手仕入れ以外は全て売れた様です
 
そしてこの秋冬のジャケットも昨年に増して良いようです
 
カシミアと新色は想定外に足が速いです
(想定通りならいいのですが・・・)
 
流行に流されず 貴方の腹が変わらぬ限り着て頂ける
まさに 「ワードローブ」に加えたいスパイスです
 
コレもファッションでは無い服としてお勧めしたい一品です
A9FC43F9-C64B-4405-9C28-E426D372516C
サイズ感はホンの気持ちですが大きめな気がします
コートも同じサイズ感です
4DBE43B3-5192-49D1-B66B-9009B5051B0B
 
 
先程もヘルノの 流行らない ダウンジャケットがUPされました
コレなども同じような立ち位置のアイテムです
  
振り返ると 意外とタンスに無いオシャレな方も多いのでは
 
ヘルノは44から54までフルサイズ展開ですが54が売れました
 
 
当たりくじ。。。かも

↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓

CATEGORY
ARCHIVE
カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
ARCHIVE
新規会員登録
ログイン
カゴの中を見る
店舗情報
ミカ爺のブログ
ブランド一覧
ショッピングガイド
お問合せフォーム
082-542-6536

FOLLOW US