今日の気温は例年並み ブルゾンです ストーンです

2019/03/14(木)

連休で体力回復。。。今日は頑張りマッスル・・
書き始めがハナから古臭い・・
なにせ年寄りブログ故ご容赦下さいませ。。
 
気分はいつも28歳 ・・ なんです
好みは当時から全く変わっておりませんので
月曜日のブログでのスイングトップもその気分
 
昔は何と言ってもバラクータでした
今は着ません。。
やはり拡販されるモノはオジサマは苦手でして
 
しかし古典 原点回帰の気分もチラホラ
そんな時に「ドッグイヤー」が気分かな と
「犬の耳」。。。スイングトップの襟ですね
 
ストーンアイランドの前身 CPカンパニー
1970年台の中頃?記憶が薄れていますが
CPカンパニーのスイングトップを販売していました
 
春物のそれはとても素敵なチェックだったのを覚えています
バラクータの無地全盛の時代での柄物は稀有で素敵でした
柄物を切る人はいつの時代も少ないのは判っていますが
 
そのスイングトップを思い出しております
そのようなDNAを内包するストーンアイランドを理解して頂きたく
当店がピックアップするストーンアイランドは流行とは無縁です
 
最近は「流行」で来店される方が7割ではないでしょうか
早晩消えるこの若い人たちと当店の志向は異なります
故に流行で来られても欲しいモノは見つからないでしょうね
 
スイングトップが云々等と説明しても馬の耳に、、
判る方だけに それも 赤 です
黒なら普通に売れる のは 判ってますが。。
 
冬は黒が多いです
が春は色 この春は色をお薦めしております
その中でも赤は最強のキツメでございます
 
純粋なドッグイヤーーではありませんが匂いはドッグイヤー
このブルゾンの気分はスイングトップなんです
コレにヤコブを履いてBDシャツでも着れば50’s
クルーニットを切れば ナイスなおじ様100%

 
襟越しが高めに設定された服は男は好きです
コートの襟を立てるのもその表れでは
中にはポロシャツの襟まで立てる人も。。
 
とにかく 立てる 起つ
何にしても 良き事かな
。。
 
ストーンアイランドのブルゾンに戻ります
先日のグレンフェルのスイングトップはグレンフェルクロス
素材はとても重要な要素ですね
  
ストーンの魅力の一つに素材があります
他社では出ないオリジナリティの高い素材
デザイン+素材という点がDNAなのです
  
このブルゾンの生地特性を書くのは難しく、、
硬めの素材で、、デービットを御存知なら・・
冬に使うデービットの生地を薄くして乾いた感じで、、
  
、、、コレでは全く伝わりません、、
少しゴワっとした感があります
色は画像よりももっと 深い です
  
。。とにかく
いいいんです
襟を立てて着れば。。。
  

これ
常に立てた状態がデフォルトです
 
 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です
*
次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>
CATEGORY
ARCHIVE
カレンダー日付
カレンダー
CATEGORY
ARCHIVE

FOLLOW US